USBのマルチディスプレイの選び方について解説中!


↑↑↑
あらゆる種類のマルチディスプレイが見つかる一押し販売店!

アプリケーションごとに1つの画面ずつ使える!

例えば、WordのデータをExcelに貼り付けようとした場合、1)Wordでコピーしたのち、2)Excelのウィンドウをアクティブにし、3)データを張り付けるといった操作手順を踏むのが一般的です。

しかし、マルチディスプレイがあれば、1つの画面にExcel、もう1つの画面にWordを同時に表示することができるため、左右の画面間ですばやくコピー&ペーストが行えます。

両方のウィンドウを閲覧しながら作業が行えるため、ミスも減らせるうえ作業時間の短縮も図れます。

作業ごとに分けて1画面ずつ使える!

左画面で作業を行いつつ、右画面にブラウザやメールを表示し、最新の情報をつねにチェックするといった作業ごとに画面を分けた使い方こそ、マルチディスプレイの真骨頂とも言えます。

多くの画面を同時に開く必要がある株取引では、マルチディスプレイは重宝します。

プロのデイトレーターともなると、3画面、4画面といった構成も珍しくありません

オンラインゲームユーザーであれば、ゲームをしながら右画面でテレビを観賞したり、別画面でゲームの情報収集をするなど、マルチディスプレイの活用方法は無限に広がります!

【失敗しないマルチディスプレイの選び方】メニュー